しつけ

犬が散歩で歩かない!嫌がる理由はなに?その対策も伝授します!

犬は散歩が大好きヾ(o≧∀≦o)ノ゙

そう思っていたのに、何故かうちの子は散歩で歩かない。

そんな悩みを持つ飼い主は多いはずです。
「そういう性格なのかな…」と諦めてしまっていませんか?

犬が散歩で歩きたがらないのには理由があります!

今回は、愛犬がなぜ犬が散歩で歩かないの?考えられる原因やその対策をお教えします。
どうぞ最後までお楽しみくださ~い\(^o^)/







犬が散歩で歩かない理由とは!

まずは、愛犬が歩かなくなってしまう原因について考えてみましょう。
考えられる原因を挙げてみました。

 

理由① 恐怖を感じてい

人間が、怖いと感じたときに体が動かなくなるのと同じように、犬も大きな音がする場所や不安を感じると本能的に怖いと思って動きを止めてしまうのです。

例えば・・

いつも人通りの少ない道を散歩させていた犬を人の多い場所に連れて行ったときや、大きな音を発している工事現場の近くにさしかかったときによく見られます。

兄ダックスくん
兄ダックスくん
僕は、大きな音と車が怖かった~

小学校や幼稚園の近くを通ったとき、子供の大きな叫び声が聞こえれば、それも原因になっている可能性があります。

理由② 人や犬に慣れていない

人間や犬に慣れていないというケースもあります。

人間は大好きだけど犬は苦手…
逆に他の犬とは仲良くできるけど初対面の人間は警戒してしまう、といったケースは多いです。

特に、チワワのような超小型犬は体の大きな大型犬を怖く感じてしまったり、柴犬のように縄張り意識や警戒心の強い犬種は初対面の人間に懐きにくい傾向にあります。

散歩をしているとき、前から他のお散歩中の犬が近づいてきたとき、道の端によったり、落ち着きがなくなったり、尻尾をお腹の方に丸めていたりしたら怯えている可能性が高いです。

弟ダックスくん
弟ダックスくん
遠くにいる時から危険って思っちゃうんだよね。

また犬を散歩していて「触ってもいいですか?」と初対面の人から声をかけられることも多いはずですが、そのときビクっとなって首をすくめたり、逃げるような素振りをしていませんか?

急に知らない人から触られることにストレスを感じている合図かもしれません。

理由③ けが

けがをしている部分が気になったり痛みを感じたりして歩けなくなる犬もいます。

人間と違って靴を履いていませんし、散歩中に何かを踏んでけがをする可能性は十分あります。

小型犬に多い膝蓋骨の脱臼、ラブラドール・レトリーバーやゴールデン・レトリーバーに多い関節炎なども考えられます。

「普段より歩くスピードが遅い」「歩くたびに鳴いている」「歩き方が不自然」「足を引きずっている」と思ったらけがを疑いましょう。

兄ダックスくん
兄ダックスくん
足裏から血が出たときには焦った~

理由④ リードやハーネス

リードやハーネスを新しいものに変えたときも歩かなくなることがあります。

特にハーネスは大丈夫だけどリードは苦手、という犬は多いです。

フレンチ・ブルドッグやパグのようないわゆる鼻ぺちゃ犬は、首輪だと締め付けられ呼吸が苦しくなってしまうことがあります。

複数のリードを試したり、家やドッグランで一度外してみることで、愛犬が歩かない原因が道具にあるのかどうか分かります。

理由⑤過去のトラウマ

犬は、楽しかったことや悲しかったことをよく覚えています。

飼い主に怒られたり他の犬に吠えられたり、近所の子供に痛い触られ方をしたりなど、過去にその場所で大きなストレスを経験した場合、その場所をトラウマとして認識し、その場から動けなくなってしまうことがあります。

弟ダックスくん
弟ダックスくん
ヘビと戦ったことを思い出して慎重になることもあるよ。

こういう場合は、普通にお散歩には行きたがるものの、特定の場所や道は通りたがらないケースが多いです。







犬が散歩で歩かない対策とは!

さて、愛犬が歩かなくなる理由がわかったところで、その対策を紹介します。

対策① 散歩から帰ったらすぐご飯にしよう

朝の散歩でも夜の散歩でも、「ご飯は散歩から帰ってから」という習慣をつけてみてください。

これは逆を返せば散歩に行かなければご飯は食べられないということで、犬は散歩から帰ったらご飯が食べれる!と分かると進んでお散歩に行こうとします。

対策② 散歩の練習をしよう

いきなり長距離のお散歩に挑戦するのではなく、まずは数メートル単位で地面の感覚や周りの建物、人の匂いに慣れさせましょう。

また実際にリードやハーネスをつけて、お部屋の中をちょっと歩くだけでも立派な練習になります。愛犬も新しいリードやハーネスに慣れてくれるはずです。

対策③ たくさん褒めてあげよう

愛犬がちょっとでも歩けたら、精一杯褒めてあげましょう。

犬は歩けば飼い主に褒めてもらえると思い、お散歩に楽しい印象を持つようになります。

また、こまめにスキンシップをとることで犬も安心感を覚えます。

対策④ 飼い主のそばにいれば安心!と思わせる。

愛犬との信頼関係を築くことも大事です。

他の犬に吠えられたり威嚇され怯えた素振りを見せたとき、「大丈夫だよ」と優しく声をかけながら撫でたり、抱っこしてあげてください。

飼い主以外に触られることにストレスを感じている素振りがあるときは、愛犬を抱っこしたままの状態で軽く触ってもらうだけにし、徐々に馴らしてあげてください。

怖い思いをしたとき、「飼い主が守ってくれるから大丈夫」と信頼関係を築くことで愛犬も勇気を出して歩き始めるかもしれません。

対策⑤ けがが疑われる場合はすぐ病院へ!

膝蓋骨の脱臼や関節炎など、けがが疑われる場合にはすぐ病院に連れていきましょう。

もし病気が発覚したら、獣医さんに散歩の再開のタイミングや対処法についてアドバイスをもらいましょう。







なぜ犬が散歩で歩かないの!嫌がる理由はなに?その対策のまとめ

いかがでしたでしょうか。

愛犬が散歩で歩かないのは何故なのか、考えられる原因と対策についてお話ししてきました。

愛犬の様子をこまめに気にかけて原因を探り、ぜひ対処法を実践してみてください!
最後までお読み頂きありがとうございました。







RELATED POST